ドッグスクール Happy Friends

栃木県の犬のしつけトレーニングスクールHAPPY FRIENDS、ドッグトレーナー西村緑彩の活動ブログ。

【フライボール】しつけありきのドッグスポーツ

2020011706494381d.jpeg
太郎

HappyFriendsでは月2回のフライボールレッスンがあり、
月2回は自主練習をしています。

20200117064907a9d.jpeg
ポンキー

20200117065009ab3.jpeg
チャッピー

20200117064854013.jpeg
だいふく

20200117064957190.jpeg
める

202001170649310b2.jpeg
虎鈴(最年長13歳プレーヤー)

20200117064919217.jpeg
モグ

大会に向けた課題もさまざま
各々の苦手なところの練習をしていますが、
教えているのはフライボールスキルだけではありません。

20200116172049523.jpeg
↑↑↑他の犬が走ってジャンプしている間近で伏せて待機している面々

20200117064836ad6.jpeg
練習後、道具の片付け運搬をしている最中、飼い主さんが戻ってくるまで待ってます。
(写真、林の中や車の方に飼い主さんはいます、ドッグランの中は犬とわたしだけです)

広い視野でドッグスポーツをしている人と犬たちを見ていて、どうしてか犬の日常生活の素行に対して目を伏せてしまう傾向があるように感じます。

引っ張っていても
吠えていても
呼んでるのに遊んでいてやっと戻ってきても
マーキングしまくっていても
待たなくても
ご褒美欲しさにガンガン飛びまくっていても

スポーツができているから、
まぁこのくらいは仕方ないさ〜と思ってしまうのか、
はたまた
せっかくフライボールで褒められたのに、ここで注意して
楽しくなくなるのが嫌だなぁ〜
なのか
理由はさまざまなのでしょう。

トレーナーさんの中には
犬の興奮を落としてやる気を失わせるのはダメ!
と、わざと吠えや引っ張りを許しなさい
という人もいるようです…残念…

私はあくまでしつけありきのドッグスポーツだと思っています。というか、スポーツする時間よりも日常生活の時間の方がはるかに長いので、
走っている犬を見て引っ張って吠えてもらっては困るのです。
むしろ飼い主さんの指示をちゃんと受け取り、物事の良し悪しを理解している犬たちは、スポーツの理解も早く完成していく過程もスムーズにいっています。

スポーツする時はそこに一旦集中!
やる気マックスになること!!

その合間時間も含めて、やっていないときには
オフになること
を今後も伝えていきたいと思っています。

ポチッとしてもらえると嬉しいです♫

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。